読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬらひかるのサブブログ

私事、時事ネタ、下ネタ、が中心のブログ。殴り書き。

もう誰もボクのブログを読まなくていい

これは決して、ネガティヴな話ではないということを最初にお伝えしておく。

右肩下がりに減り続けるアクセス数に嫌気がさしたわけでも、ブックマークがまったく付かないことで自暴自棄になったわけでもない。

本当に、「誰も読まなくていいや」と思っているし、ここ数日はそう思いながらブログエントリーを書いている。

これは、"自己満足"に気が付けたことが大きい。

ボクがブログを書き始めた理由は、お金儲けや強烈なメッセージではなく、あるブログサイトに憧れを抱いたからだ。

単純に、「かっこいい」と思った。真似をしたかった。

最初はアメブロでブログを書き始めた。アメブロはあまりデザインをイジることができないけれど、様々なサイトと睨めっこしながら徹夜でデザインをイジって、憧れたブログサイトに近づけようとした。

少しずつ、「ぽく」なっていくのが快感だった。

記事のタイトルもそのブログの真似をした。内容は……さすがに文章力などの差があるから真似ることは難しかったけれど、どんなエントリーを自分が書きたいのかは何となく意識していた。自分の中に明確な理想があった。

とにかくボクは、『某ブログサイトっぽいこと』をしたかったのだ。個性だとかオリジナルだとか、そんなことは一切考えておらず、ただただ真似をしてみたかった。

だから知識がないくせにデザインには何日も時間をかけた。デザインは「ぽさ」を演出する上で非常に重要だからだ。むしろ、デザインが全てと言っていい。なのにデザインに対して本格的に勉強していないのはなんでなんだろう。面倒だったからかな?

とにかくボクのブログの目的は、「ブログっぽさ」を求めることにある。今1番、ブログを書いていて楽しいのは記事内に画像を貼り付けた瞬間だ。

画像があると記事が引き締まる。ブログっぽさが増す。それを眺めて、「あぁ、ブログっぽいなー」なんて思うのが小さな喜び。

ボクも自己満足で喜べるんだなぁ。

そんなことに気付かされた。

ここ1年以上、個性とかオリジナルだとか、そういうものに取り憑かれてブログを書いていた。自分とはなにか? 自分にしか無いものはなにか?

結論として、ボクにこれといった個性はないと思う。無いものを懸命に探していたら、そりゃ疲れるし、嫌にもなってくる。

唯一無二の自分とか、他人からの興味とか、そういうものを追いかけていた自分は本当につまらなかった。自分の原点、ブログを楽しんでいた頃の根源には、「ぽさ」と「自己満足」があったから。

他人にどう思われたいか? このブログを読んでどんな気持ちになってほしいか? 目に見えない読者の心情を想像するのはとても難しい。

難しいことは苦手だ。極力やりたくない。

自己満足に価値観を見出せたことによってこれをしなくなった。ゆえに、ブログを書くのがマジでノンストレス!

ストレスフリーで書いた文章にそれっぽい画像とタイトルを付けるだけで、「ブログっぽいことしてるな」という些細な満足感がある。

だからもう、誰もボクのブログは読まなくていい。それでもきっと、しばらくはブログを続けていくと思う。自分の中の自己満足が完全に満たされるまでは。

※ウトウトしながらスマホでの執筆
久松郁実『19(いく)』 [DVD]