ぬらひかるサブ

私事、時事ネタ、下ネタ、が中心のブログ。殴り書き。

嘘をつく時は死ぬ気でつき通すのが最低限のマナー

このエントリーを読みに来てくれたあなたは、今までの人生で1度は嘘を付いたことがあるのだと思います。

ではその嘘、最後までつき通すことができましたか?

おそらくバレてしまったり、自白してしまった経験があると思うんだけど、それって最低ですよ。

嘘をつかれる側にしてみれば、「嘘」ってやっぱり傷つきます。優しさや気遣いからくる嘘だとしても、心の底から嘘を肯定することはできません。


ボクは、嘘をつくならつき通すのが最低限のマナーだと思っています。


嘘はバレなければ嘘として成立しない。嘘はバレなければ、限りなく真実に近づけます。

「嘘を言う人は嫌い」という人がいるけれど、こういう人が怒るのは嘘を言った瞬間じゃないですよね? 嘘がバレた瞬間にこそ、『嘘』を言ったあなたを嫌悪するんです。

嘘がバレなければ、嘘をつかれた相手が傷つくことはありません。嘘がバレなければ、あなたが嫌われたり信用を失うこともありません。


『嘘』というのは絶対にバレちゃいけないものです。


でも、嘘をつき続けるのってかなりしんどいです。大変なことはよくわかります。

本当にコトを言ってしまったほうが楽だな、と思うし、嘘を隠すための注意や行動が面倒くさい。

だから、あっさり自白して他人を傷つけるようなマネをする人が沢山います。自白すれば許されると思っている部分もあるのでしょう。

自白したって、言い訳したって、嘘をつかれた側の心が傷つかないわけじゃないんですよ?

その場でフッと吹きかけるようについた嘘が、相手にとっては真実になっているんです。その真実をいきなり壊されたら? きっと痛いですよ。

あなたが嘘を言わなければ傷つく必要もなかったのに。あなたがつき通せなかった嘘のせいで、その人は傷ついてしまう。


だから、嘘はつき続けてください。


嘘をつくなら、最後までつき通す覚悟を持ってください。嘘も、行くところまで行けば真実に成ることができます。真実に成るまで、細心の注意を払って嘘を守り抜いてください。

あなたの嘘が真実になることこそ、誰も損をしない幸せな結末です。

それができないのであれば、嘘はつかないでください。

嘘はバレなければ嘘じゃない。その通りです。

バレなければ誰も傷つくことはありません。

嘘をついたら死ぬ気でその嘘を守ってください。死ぬ気で守れないなら嘘をつかないでください。

正直に言ったから許す。そんなことを言えるほどボクは優しい人間ではないのです。

嘘は許す。ただし、嘘がバレたことは許さない。

相手のことを思うなら、絶対にバレない嘘をつくのが最低限のマナーです。