ぬらサブ

私事、時事ネタ、下ネタ、が中心のブログ。殴り書き。

賛否が巻き起こっている日本代表のポーランド戦について思っていること考えていること

日本代表のポーランド戦での戦い方に賛否が起こっています。

特に、"グループリーグ突破が確定していない状況での消極的なパス回し"には意見が真っ二つに分かれています。

個人的には、ピッチにいた日本代表選手11人がポーランド代表から得点できる確率は低かったと思うので、1位通過したいコロンビアがセネガルを完封する確率に賭けたことはことは『最善策』だったと思っています。戦略そのものを否定する気は一切ないです。

ただ、あの戦略を取らなければいけない状況を作ってしまったことは問題だと思っています。

西野監督の決断を称賛する人もいますが、やらざるを得ない状況を作ってしまったのも西野監督です。

サッカーに関して1人の観戦者でしかない僕ですが、今回の1戦で感じたこと・考えたことを、できるだけ簡潔に綴っておこうと思います。


西野監督は2つの目標を持っていたと想像できます。

  • グループリーグ突破
  • 主力メンバーの温存

監督は2つの目標を同時に達成するため、過去2戦同じだったスタメンを、6人入れ替えました。

これを見て真っ先に思ったのは、「これで本当に大丈夫か~?」です。

現状の日本代表は個人の能力に依存した戦術をとっています。例えば、前線からの守備は香川選手や乾選手個人の守備能力によって成立している部分が大きいです。

つまり、メンバーが変わればチームも一変する可能性がありました。(6人も入れ替えたら普通は変わるか 笑)

案の定、序盤こそ得点の匂いがあったものの、終始グダグダでした。

日本代表とポーランド代表の力関係を考えたら、メンバーを落として勝てるほど甘い相手ではありません。

2連敗でグループリーグ敗退が決定しているとはいえ、どんなモチベーションでくるかも分かりませんでした。

グループリーグ突破だけを考えたら、"選手のコンディションを考慮しつつベストメンバーに近い布陣"で挑み、全力で引き分け以上を狙った方が確実性は高かったはずです。

実際、先を見据えて戦えるほど日本代表の実力や選手層は厚くありません。

しかし、西野監督は勝つ確率を下げてまで主力メンバーの温存しました。

「先を見据えている」と言えば聞こえはいいですが、僕からすると己の能力を過信しているように見えました。

ブラジルやフランス代表がやるようなことを、日本代表が格上相手にやっているわけです。

これでもしボロ負けしたら、ダサすぎます(笑)

(もちろん、しっかりとした根拠があってのことだと思いますが)

他力に賭けた終盤のパス回しを「リスクが大きい」と批判する人も多くいますが、メンバー選考の段階で、かなり大きなリスクを日本代表は冒していたわけです。

なぜ?

決勝トーナメント1回戦に勝つためです。

本気でベスト8を狙っているということです。

次に当たるベルギーは間違いなく強豪です。個人能力では相手にならないレベルです。

でも、負けは許されなくなりました。

この試合に勝つために、ポーランド戦で主力を温存し、選手たちに終盤の消極的な戦術を受け入れさせたのですから。

そこまでして勝ち進んだ決勝トーナメントで、「相手になりませんでした~」はありえないです。

今回のポーランド戦を経て、日本代表にネガティブなイメージを持った人も沢山いると思います。

払しょくするにはベルギー戦で善戦以上の結果を残す必要があります。

ブーイングに耐えながら回したパスの価値は、次の試合によって決まる。

7月2日に行われるベルギーとの決勝トーナメント1回戦は、日本サッカーにとって大きな意味を持つ試合になると個人的には思っています。

大会前からゴチャゴチャしてしまった中で、最後の最後に無様な終わり方をすれば、『決勝トーナメント進出!』という結果が霞むくらい日本代表及び日本サッカー界にとって暗い影を落とすことになると思っています。

(もしかしたら、その方が良いのかもしれないけれど…)

「いい試合をしてほしい。日本サッカーの未来のために」と、ただただ祈るばかりです。

できれば選手には、笑顔で終わってほしいですね。